吹田市山田南のあめみや眼科では、日帰り白内障手術、レーザー治療から一般眼科、小児眼科と、ひとりでも多くの方たちの眼と身体の健康を守ることができますよう診療しています。

網膜上膜(黄斑上膜)

網膜上膜(黄斑上膜)について

網膜上膜(黄斑上膜)はこんな病気です

大切な黄斑の前に膜が張る病気です。

目の奥(眼底)には、カメラのフィルムと同じような機能をする部分があり、それを網膜といいます。
網膜のなかで物体を鮮明に写し出す重要な部位があり、それを黄斑といいます。
黄斑上膜とはこの黄斑の上に膜ができる病気のことです。

黄斑上膜がすべて見え方に影響するわけではなく、自覚症状のない黄斑上膜もたくさんあります。黄斑上膜の厚み、収縮の度合いなどによっては、症状が現れます。物を見る中心である黄斑の上に膜ができるため、膜越しに物を見ることになり視力低下が生じます。またこの膜が収縮することによって、網膜を引っ張り、網膜に皺(しわ)を作ることがあり、物がゆがんで見えたりする場合もあります。

診療案内

診療科目

眼科一般、小児眼科一般、レーザー治療、日帰り手術、ロービジョン クリニック

診療時間

診療時間
 9:00~12:00 手術
15:30~18:30 手術

※火曜は手術

休診日

木曜午後、土曜午後、日曜・祝日

Copyright © 2017 吹田市山田南  あめみや眼科 All Rights Reserved.